瞽女唄

早く寝ようと思っていたのに、眠れなくなってしまった。

瞽女唄(こぜうた)

瞽女と、その音楽の存在は何年か前から知っており、ネット上で音源を聴いた事もあった。

瞽女(ごぜ)とは

■TOP ■HOME ■TOP ■HOME 瞽女資料館  ―瞽女とは―    七十一番職人歌合 女盲江戸時代から昭和の初めごろまで、三味線を手に有縁の村々を流し歩く目の不自由な女性たちの姿が全国のいたるところで見られました。瞽女と呼ばれる、芸を支えに生きた人々です。現代のように福祉制度がままならず、医療も未発達であった時代、眼病を患った女性たちが自活する道は極めて限られていました。そんな彼女たちの多くが三味線と唄を習い覚え、米などの農産物と引き換えに身を削るような芸を披露していったのです。娯楽に乏しい時世にあって、瞽女の底抜けに明るく、ときに哀切の極みをゆく弾きうたいは、彼女たちを迎え入れる側である庶民にとっても一服の清涼剤でした。 瞽女の存在は、古くは室町時代末期の「七十一番職人歌合」という文献に「女盲」として登場しています。ここでは鼓を打ち鳴らしながら「曽我物語」を語る様子が取り上げられていますが、三味線の普及とともに江戸時代には街道を往来しながら門付けする芸態が一般のものとなり、こうした瞽女の旅姿は歌川広重の浮世絵などにも描かれています。また、鼓や三味線だけでなく、箏や胡弓などの楽器を奏する瞽女もなかには見られました。地方によっては武士や町人に音曲を教授して生計を立てるなど、その活動はかなり広範だった様子が伺えます。二川(猿ヶ馬場)保永堂版二川宿(愛知県豊橋市)を往く、三味線を抱えた3人の瞽女。東海道五十三次の宿場を題材にした歌川広重の錦絵で、天保年間(1830~1843)の作と伝えられている。  ―越後瞽女の暮らしと巡業―  瞽女の活動は日本各地にその足跡を留めていますが、なかでも一大拠点としての規模を誇ったのが現在の新潟県でした。冬の長い期間を大雪に閉ざされ、幼時に麻疹などの病気をこじらせて弱視や失明にいたるケースが多くみられたことも理由のひとつでしょう。 越後の瞽女組織を大まかに分けると、上越地方の「高田」と中越地方の「長岡」の系統があったことはよく知られています。両者は弟子の取り方や修業年限などの点で細かい違いはあるものの、1年のほとんどを過酷ともいえる巡業の旅に費やした点で同じ境遇を分かち合っていました。また瞽女の社会では、師弟序列から服装の身だしなみ、食事等にいたるまで、厳格なしきたりのもとで生活を送るのが常でした。特に男性と

www.geocities.jp

今日久々に瞽女唄を聴いて、
そうして、眠れなくなってしまった。

命の火を燃やすような音楽。

いつか、どんな形のものでも構わないから、私も、この瞽女唄の様に、命の火が燃える様な音楽を作りたい。
作れるだろうか。
私の様に、のうのうと生きている人間には無理なのではないだろうか。
いや、命と引き替えなら作れるのではなかろうか。
などなど、

そんな風に思う、秋の深い夜。

0コメント

  • 1000 / 1000