蒼政涼子

記事一覧(69)

Ryouko Aomasa (feat. Robert Edwin) 「 Divine Fox Dance」

Ryouko Aomasa (feat. Robert Edwin) 「 Divine Fox Dance」ベルギー 「Off-Record label」より去年2月にデジタルリリースされた、EPアルバムです。ミュージシャンでもあり、近年ではボールペンアーティストとして日本のみならず、海外でのご活躍も目覚ましい「Robert Edwin」(ロバート エドウィン)さんと共に作り上げた音楽です。ジャケットアートも勿論エドウィンさん。安易な言葉しか浮かびませんが、素晴らしいです。YouTubeのPV、映像はHal(ハル)さん。こういう映像の発想はどこから出て来るのでしょうか。何というか映像が音楽的。聴き返してみると、作っていた当時の自分の持っていた五感 + エドウィンさんの絵や音楽から溢れる想像のエネルギー。そのような色々を思い出します。パルス波を追いかけてみたり、追いかけられてみたり、壊そうとしてみたり従ってみたり、花魁の(というか女の)業の深さに自分一人で勝手に震えてみたり、泣いてみたり、四尾の狐(妖狐の中でもかなり神格化されていて位が高い)の天井から撒き散らす光の吹雪の中に入ってみたり、こうべを垂れてみたり、あばら骨浮き出る一匹狼の貴い孤独と生命力とに涙を流したり、5日お風呂に入らなかった後(軽く鬱だった。軽くね)いきなり解脱したり…幸せな毎日でした。それってどういう音楽になってるの?と気になりましたら。リンクのサイトから試聴出来ます。購入も可能です。よろしくお願い致します。

私の視界一杯に、少し黄味がかった、くすんだ白の背景がどこまでも広がっていて、時折錯視の様に揺れていました。水なのか煙なのか。そうしているうちに白の中から、焦げ茶色の墨らしきモノが細く染み出して来ました。目に捉えられない複雑なアラベスク文様が悪戯な意思を持って走り廻っているようでした。唐突に。焦げ茶色のアラベスク文様は、色はそのままに、鮮明で綺麗な桔梗の花の形になりました。焦げ茶の桔梗は沢山沢山生まれて来て、白の上を無音で埋め尽くしていきます。清冽な花畑。こんなにも美しい桔梗達を、私は見た事がない。祈るような気持ちで目を凝らしていると桔梗の花畑が一気にブラックアウトして、身の切れる程の感覚を持って、誰かの横顔が私の目の前に写り込みました。青ざめた横顔。細く鋭い鼻梁、紺色に近い薄くて長いまつげ、そうして眼は深く沈む黒一色。男なのか女なのか。悲しいのか怒っているのか。何も分からない表情を目の当たりにして「ああ、もう絶望的だ」と思った瞬間目が覚めました。家のベッドの上で私は金縛りになっていて、それはなかなか解けず目は既に開いているはずなのに、焦げ茶の墨が泳いでいるのが見えていました。久しぶりの怖い夢。一夜明けて思い起こすと、とてもとても美しくて、悲しい夢。